→その5 

 2019年度も適当にマリルを撮ったのでまとめておきます。

(42)DBマリル
マリル龍
 ベトナムはダナンのドラゴンブリッジ。

 リザードンを撮った場所ですが、竜の色がリザードンに似合う色に変わるまで暇だったのでマリルでも撮りました。
 暗すぎてよくわからないですが、マリルで練習したおかげでリザードンは少しマシになりました。


(43)遺跡マリル
マリル占
 アーボックを撮ったのと同じ構図です。

 かなりいい構図だと思ったのでついでにマリルも撮りました。探検隊マリル。

 マリルは自撮り代わりに撮っているので、こういう「遺跡いってきたよ〜」みたいな写真は気に入ってます。


(44)ビーチマリル
マリル椰
 タマンタを撮ったビーチマリル。

 タマンタは海に生息するのでせめて波打ち際じゃないと変ですが、マリルは逆にあんまり海に入らない方が自然です。一応ねずみなので。


(45)激流マリル
マリル濁
 ケアンズのジャンラン川。

 オーダイルを撮った場所ですが、マリルも激流に生息する描写が図鑑にあるので場違いではありません。
 ただ、この赤茶けたオーストラリアの川にはあんまり合いませんね。日本の川の方が似合うと思います。


(46)烏城マリル
マリル烏
 今のツイッターのアイコン

 松本城かっこいいですよね。姫路城が美女なら松本城はイケメンでしょう。

 ちなみに前3枚は新マリルでしたが、ここから3枚は旧マリルですね。


(47)種差マリル
マリル種
 青森県東部の種差海岸。
 割と引き気味で撮ってるせいでマリルが小さい。

 引き気味で撮ってる理由は、一眼レフを失くしていたのでiPhoneでの撮影となり、マリルに寄ると背景ボケがひどくなるからです。


(48)極楽マリル
マリル黄
 恐山の極楽浜

 硫黄が析出し、マリルの青と対照になって美しいです。

 見返すとこの構図悪くないので撮影用ポケモンでもちゃんと撮ればよかったと思いますが、ここではゲンガーを撮影したのであんまり似合わないですね。


(49)天空マリル
マリル雲
 チルタリスでも同じ構図で撮りましたが、結構気に入っています。

 日光が横から当たるのでなんか神々しさが出ています。

 雲海も日の出の方向が淡く茜色に色づき、本当にラストダンジョンみたいな雰囲気です。
 Lv99くらいありそうなマリル。



 マリルってお腹の白い部分が大部分を占めるせいか、顔が球面の上の方についてるんですよね。
 そのせいでいつも少し斜め上を向いているんです。だからなんかドヤ感というかアホ感というか、あざとすぎない魅力がありますよね。

 ポケモンキッズのマリルはかなりカワイイに寄せてますが、2歳からの相棒であるマリルぬいはいつも堂々たる立ち姿勢で机に鎮座しています。もはやそこに可愛さはなく頼もしさしか感じません。

 来年はねずみ年ということで、マリルの年でもありますね。もはや耳以外ねずみ要素皆無ですが、他のねずみポケを差し置いてピカチュウと正月グッズになっていました。そんな丸々した図体でねずみ面してるんじゃないよ。

 新作の剣盾にマリルは出ませんでしたが、ポケモンという化け物コンテンツにおいて本家シリーズなんて一部分に過ぎませんから、マリルが出ないショックは特にありません。
 ゲームだけでもポケGOという化け物コンテンツがありますから。それにマリルの他にも800匹以上いるわけですし、違う推しポケを探すのも良きかと思いますね。


 マリルについて熱く語りましたが、私にとってマリルは実家みたいなもので、今更マリルかわいいともあまり思わないし、人に布教しようとも思いません。

 ただマリルを好きな人を見かけたり、マリルが活躍したりすると、それこそ家族が褒められたように嬉しいので、マリル達にはこれからも頑張ってほしいものです。